【進路篇】知っ得Q&A

この「Q&A」では、受験生の皆さんや保護者の方々に、入試に関するよくご質問いただく事項を取り上げてお答えしています。

将来何をしたいか、決まっていないのですが…。
大学、短大、専門学校と生徒によって進路は様々ですが、本校は近畿大学の附属高校ですから、高校在学中から大学の先生による出前授業や、隣接する近畿大学産業理工学部や近畿大学九州短期大学との連携で実際に交流し、体験できるシステムが沢山あります。そこで、自分に合った学部や職業などを考えるきっかけにすると、将来の選択肢が増えることでしょう。
大学に進学したいのですが…。
昨年度の実績で国公立大学合格者は62名。私立大学合格者は271名です。本校の場合、第一志望で入学した生徒が多いのですが、中には公立高校を残念ながら不合格で入学した生徒もいるので高校入学後に心機一転、頑張った生徒がたくさんいたということです。そして、それを実現させてきた教師がたくさんいるともいえますね。また、模擬試験が実施された後は担当教師全員で必ず分析会を行い、一人ひとりの進路実現のための方策を検討します。 一方、私立大学の中では近畿大学に112名が合格しています。その多くが「附属特別入試制度」を利用して合格(医学部にも合格)しています。現在は近畿大学全14学部(医学部含む)に枠がありますので、ぜひ利用してください。
近畿大学ってどんな大学?
近畿大学は西日本で最大規模を誇る総合大学で、志願者数8年連続日本一を誇る、とても人気のある大学です。医学から芸術まで学べる14学部48学科があり、3万人を超える学生が在学しています。また、世界大学ランキングでは西日本の私大では1位となり、近年大きな躍進をしています。24時間利用可能な図書館がある「アカデミックシアター」や、次世代型新食堂「DNSパワーカフェ」が新設されるなど、学生が主体的にかつ、健康的に学べる環境が整っています。就職率は全学部平均で98.1%と高い水準を維持しています。なお、次年度から新しく「情報学部」が新設される予定です。
看護科の就職率はどのくらいですか?
100%です。全国的に看護師が求められているため看護科は就職先を選べます。国家試験合格後、すぐに福岡県内でも就職できます。また、近畿大学附属病院で最新医療を経験した後、福岡で再就職することもできます。いずれにしても求人率が非常に高いですから、例えば結婚や出産の後も再就職しやすい状況です。