意欲を高めるために|福岡県飯塚市の近畿大学附属福岡高等学校は大学を目指す進学校です。

近畿大学附属福岡高等学校

未来を開くために

意欲を高めるために

生徒の意欲を高めるために、学びに遊びの要素を加えます。
特色のある合宿や課外授業を行い、部活動と勉学の両立で人間力を高めます。
将来をイメージできるプログラムを組み、心身を育み絆を大切にする環境を整えています。

みんなで力をつけよう
新入生宿泊研修

入学してすぐに相互理解のために合宿をします。各科・コースの目標を理解し、勉強の仕方やノートの取り方など学び、友人作りをします。

普通科(スーパー特進コース、特別進学コース、進学コース)
看護科は1年生から5年生(専攻科2年生)まで、全員が参加します。チューターグループで行動することで、学年を超えた縦の繋がりを作り、授業や実習などでの体験の情報共有に役立てます。
新入生宿泊研修
看護科
看護科は1年生から5年生(専攻科2年生)まで、全員が参加します。チューターグループで行動することで、学年を超えた縦の繋がりを作り、授業や実習などでの体験の情報共有に役立てます。
新入生宿泊研修

学びのクラスマッチ
JEMCUP

JEMCUPとは頭や体をフルに使って楽しく競い合うクラスマッチ形式の学習イベント。JEMは、Japanese(国語)、English(英語)、Mathematics(数学)の頭文字を取った略語です。1年生を対象に、6月に第1回大会、7月に第2回大会が行われました。第1回は英語で、単語と熟語の暗記を競いました。第2回は古文の助動詞を覚える大会でした。生徒が自分たちでフラッシュカードを作るなどして、協力して記憶し、出題者のところまで走っていくなどゲーム要素も多々あり、大変な盛り上がりを見せました。今後も継続される予定の校内イベントです。

JEMCUP

総合的な人間力を養う
部活動との両立

すべての学科・コースにおいて、クラブ活動と勉学の両立を推奨しています。将来、社会を担っていく優れた人材へと成長するためには、心身をバランス良く鍛錬することが不可欠です。クラブ活動は、それを実践する環境を与えてくれます。自分に合った、興味のある活動を通じて、集中力、体力、思考力、持続力、創意工夫、人間関係、仲間意識など、さまざまな能力を高めていき、総合的な人間力を養います。

部活動

将来をイメージして進学意欲に火をつける
オープンキャンパス見学

オープンキャンパスとは、主に入学希望者を対象に大学を公開するイベントです。近畿大学では、7、8月を中心に開催され、西日本一の来場者数を誇っています。施設体験や先輩との触れあいなどを通じて、きっと進学意欲が増すことでしょう。7月のオープンキャンパス(大阪)には、1年生の普通科全コース全員が参加します。また、本校の隣にある近畿大学産業理工学部でも、例年オープンキャンパスが開催されています。先輩と一緒にまわるキャンパスツアーや体験型実験・授業などを堪能できます。看護科は3年生で近畿大学病院(大阪・奈良)の見学に行きます。

Opencampus

附属病院見学
近畿大学病院は、開院40年の歴史を持つ大学病院です。
最先端医療を提供する環境に、附属高校である本校の看護科3年生の生徒が見学に訪れます。

「負けない力」を育む
心身の教育

考える力をつける
大学受験は「競争」です。「負けない力」を育むためには、まず「自分で考える力」をつけます。さらにその「考える力」を伸ばす教育を実施しています。多少遠回りしても、生徒の自主性を育てることが大切。教員は、正課・課外、時にはそれ以外の時間でも、根気よく指導します。
考える力をつける
挨拶と掃除
大学受験だけでなく、社会に出たときの適応能力をつけるため、挨拶や掃除など、基本的な生活態度を育成します。
挨拶と掃除
ボランティア
ボランティア活動に積極的に参加できる機会をつくり、社会への貢献の大切さや他者へのいたわり、奉仕の精神を学んでいきます。
ボランティア

学校生活の心強い味方
周囲との絆

集会でコースの絆
各コースで集会や朝礼を行っています。コースごとに先輩と後輩が交わる機会が増え、志望大学についての情報などが入手しやすくなり、コースの絆が強まります。
生徒・保護者・教員の絆
近大福岡では、生徒・保護者・教員が一体となってひとつの目標に向かえるよう、教員が積極的なコミュニケーションをとり、活性化に努めます。

Copyright © 近畿大学附属福岡高等学校 All Rights Reserved.   last-up-data.2018.07.28