近畿大学附属高等学校の沿革|福岡県飯塚市の近畿大学附属福岡高等学校は大学を目指す進学校です。

近畿大学附属福岡高等学校

沿革

沿革

昭和40年3月
福岡県飯塚市嘉穂女子高等学校を学校法人近畿大学に設置者変更認可
昭和40年4月
嘉穂女子高等学校を近畿大学附属女子高等学校に改称
昭和41年4月
普通科併設
昭和49年4月
衛生看護科併設
昭和52年4月
衛生看護専攻科併設
平成10年4月
理数科(男女共学)併設
近畿大学附属女子高等学校を近畿大学附属福岡高等学校に改称
平成12年4月
普通科特別進学コースを男女共学とする
平成13年9月
福岡キャンパスへ全面新築移転
平成14年4月
普通科普通コースを男女共学とする
衛生看護科を看護科へ改称
平成17年4月
理数科を募集停止し、新たに普通科特別進学コース内にスーパー特進クラス併設
衛生看護専攻科を看護専攻科に改称
平成21年4月
普通科普通コースを普通科進学コースに改称
平成25年4月
普通科スーパー特進コース、特進コース、進学コースの3コースに改組
平成27年4月
創立50周年記念式典実施

Copyright © 近畿大学附属福岡高等学校 All Rights Reserved.   last-up-data.2018.07.28