校長の挨拶|福岡県飯塚市の近畿大学附属福岡高等学校は大学を目指す進学校です。

近畿大学附属福岡高等学校

校長挨拶

校長あいさつ

近畿大学附属福岡高等学校 校長 山下 和之

躍進の近畿大学附属福岡高等学校

『他人や先輩と同じことをしていれば良い』という時代は終わりました。これからの時代を生きていく皆さんには、自分と社会の関わりの中で、自ら課題を見つけ、自分で考え・判断し、自らの力で解決していく力が求められます。それは、近い将来人工知能等の発達により、今ある職業が多数無くなるだろうと予測されており、将来困った時に自分で課題を発見し課題(困難)を乗り越え、自分の人生を切り開く力が必要になってくるからです。

中学生の皆さんは、自分の将来の夢や希望の実現のために、どのような高校に進学すればよいか悩んでいることかと思います。本校は、14学部を有する日本でも有数の総合大学であり、6年連続日本一の志願者を集める『近畿大学』の附属高校です。この近畿大学への附属特別推薦制度(専願制・併願制)が利用できると同時に、近年では京都大学・大阪大学・九州大学をはじめとする国公立大学への進学実績が大きく躍進しています。

人生の礎をつくる高校時代を本校で過ごし、勉強・部活動・学校行事等に切磋琢磨し、皆さんの夢や希望を現実のものにしませんか。

スーパー特進コース(S特コース)の躍進
平成25年度より、スーパー特進コースを立ち上げ、国公立大学をターゲットにした徹底指導体制を構築し、躍進を続けています。
附属合同トップレベル合宿
校内合宿はもちろんのこと、近畿大学の附属7校のトップ層が集う『附属合同トップレベル合宿』では、お互いに刺激を受け切磋琢磨することができます。
校内研修
平成30年度より校内組織に『教育研修部門』を設け、アクテイブ・ラーニングの視点からの授業改善、ICT関連の推進等に取り組んでいます。
高大連携
近畿大学・近畿大学九州短期大学・近畿大学病院との連携を深め、出張講義や実際に出向いての病院実習・体験授業・見学など、総合大学の附属校ならではの取組を行っています
附属特別推薦入試制度
附属高校でなければ利用できない入試制度を利用し、6年連続志願者日本一を誇る『近畿大学』への進学実績を着実に伸ばしています。

Copyright © 近畿大学附属福岡高等学校 All Rights Reserved.   last-up-data.2018.07.28